青汁の効果的な飲み方


青汁の効果的な飲み方

通販や薬局で手軽に買える健康補助食品の青汁。この男女問わず幅広い年齢層に人気の青汁をより効果的に飲むにはどうしたらよいでしょうか。 青汁は1日に2~3回飲むと良いとされていますが、薬ではありませんので特に摂取する時間帯は決まっていません。 しかし、ダイエット効果を期待している人などは食前の飲用がおすすめです。食前に飲用することで満腹中枢を刺激し、 食べ過ぎを防ぐことができます。青汁を飲みにくいと感じる人でも、空腹時に飲むことで、より体が受け付けやすくなります。
さらに効率よく栄養素を摂取したいならば、朝起きて朝食前に摂取するのが良いでしょう。 夜寝ている間に胃は空っぽになりますので、朝胃に何も入ってない状態で栄養素を摂取したほうがより栄養素を吸収しやすいと言えます。 また、朝食を食べる時間がないという人でも、朝食替わりに青汁を飲むことでエネルギーを得られ、 体や脳も目覚め、一日を元気良くはじめることができます。
便秘への効果を期待している人は、逆に就寝前の飲用が効果的です。牛乳などで割って飲むとさらに効果的ですし、 成長期の子どもにとっても良いと言えます。様々な料理に取り入れたいという人もいると思いますが、 注意したいのは青汁に含まれる栄養素は熱に弱いということです。80度以上の熱を加えると栄養素は壊れてしまいます。 ぬるま湯程度なら大丈夫ですが、熱いお湯ですと効果が減ってしまいますので、なるべく冷たいものに混ぜたり、 寒天やゼリーなど冷たい料理に使用すると良いでしょう。
青汁は体にとても良いものですが、取りすぎはかえって体の害となります。 正しい容量を効果的な飲み方で摂取することを心がけることが大切です。
[注目サイト] 最近の通販青汁をランキングしているサイトです ⇒ 青汁 ランキング



ページTOPへ